HBM

Hetal1ty Blog Magazine

 
1
2
5
7
10
11
12
15
16
18
19
20
22
23
25
26
27
29
30
31
03


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウスパッド『DHARMAPOINT DRTCPW35RS』 レビュー

DHARMAPOINT(クラスト)さんからDRTCHD12RFBKと当時に製品提供して頂いた
マウスパッドDRTCPW35RSをレビューしてみたいと思います。
マウスはSteelSeries Xaiのソール2枚貼り版を使用。


長年使っているXaiのロゴマークは激しいプレイによりもはや風前の灯火・・・。

 

スポンサーサイト

ワイヤレスヘッドセット『DHARMAPOINT DRTCHD12RFBK』 レビュー

DHARMAPOINT DRTCHD12RFBKのレビュー第2弾。
第1弾「製品の詳細写真と外観上のレビュー」

エージング時間は50時間ほど。
普段のヘッドホン・ヘッドセットはSHURE SRH-840やSteelSeries 5Hv2を使用。
サウンドカードはCREATIVE PCIe Sound Blaster Recon3D SB-R3Dを使用。



■DRTCHD12RFBK製品仕様
対応機種:USB端子を持つPC/AT互換機(DOS/V機)
対応OS 対応OS :Windows XP / Windows Vista / Windows 7
(一部対応しない機種があります。) MacOS X(10.7以降)
形式:密閉ダイナミック型(2chステレオ)
ドライバユニット: Nd-Fe-Bφ40mm
感度:98dB. ± 3dB
再生周波数帯域:20Hz―20KHz
マイクロフォン
タイプ:コンデンサータイプ
  インピーダンス:680Ω
  正面周波数特性:70Hz – 16KHz
  感度:-47dB±3dB AT 1 KHz (0 dB=1V/μ bar)RL:2.2k

送信周波数帯域 2.4GHz帯
到達距離 最長約10m(見通し)
変調方式 GFSK
データレート:5 Mbps(最大)
連続使用時間 約10時間(付属の単4形ニッケル水素充電池使用時)

重量:約230g(付属のニッケル水素充電池含む)

 

『DHARMAPOINT DRTCHD12RFBK』を製品提供して頂きました!

DHARMAPOINT(クラスト)さんから2012年1月発売のワイヤレスヘッドセットDRTCHD12RFBKを製品提供して頂きました!
音質・マイク・使用感など性能レビューはしばらく使ってからするとして、まずは製品の詳細写真と外観上のレビューから。

 

うちのfoobar2000


foobar2000(音楽再生プレイヤー)
・Columuns UI・・・ON
・Ape input
・DFX for foobar2000

こんなゲーミングデバイスどうですか?

■カスタマイズ性がとっても高いマウス
ボディ形状が大・中・小3タイプ、センサーを数種類から組み合わすことができるマウス。
ボディは無難にIMOのような形状がいいかもしれない。
センサーは「可能な限り素の入力に近い」「いわゆる直線補正がキツめ」「高dpi」など数種類から選択でき、
マウス内部にカードリッジ式で換装可能。
リフトオフディスタンスは付属のマウススケート3枚で好きなように調整可能。

■本体左側面にキーが付けられたキーボード
CapsLockキーと左SHIFTキーの左あたりにキーを1つ配置。
WASDに指を置いた時に、押しやすい位置にキーを1つ追加することで操作の幅が増えるというのが狙い。
付属ソフトウェアで割り当てのカスタマイズが可能で、小指にて操作する。
上面にキーがあるよりも瞬発力が高く、使用キーが多いゲームで活躍。

■ソフトウェア処理ができるヘッドセット
ヘッドセットのボリュームコントロール/ミュートボタンあたりは断線が起きやすく故障率が高め。
そこで付属ソフトウェアでボリュームコントロールやミュートが出来るように。
販売価格とのバランスがネックだが、故障率の低いヘッドセットが作れそう。
もしかしたらもう存在するのかもしれない。

■動体視力・反射神経・周辺視の強化ソフトウェア
デバイスとはちょっと違うけど・・・、
FPSやRTSにおいて重要な動体視力・反射神経・周辺視を鍛えることができるソフト。
それぞれを鍛えることができるソフトはあったりしますが、統合されているのがミソ。
グラフィックは最低限・シンプルなもので十分。
デバイスと一緒に同梱して販売するのもあり?

■キーボードの余白に貼れるステッカー
デバイスとは全然違うけど、関連でステッカーチューン。
「SteelSeries」「Razer」「DHARMAPOINT」など、ブランドのロゴや
「Counter Strike」「AVA」「Sudden Attack」など、ゲームタイトルなんかのロゴが良さそう。
オフラインイベントの参加賞なんかに向いているかもしれない。


ちょっと暇な時にやってるFLASHゲーム

同時オンライン連想ゲーム「ことのパ!オンライン」

お題に対して連想するキーワードを答えるゲーム。
検索エンジンBingに対応しており、上位検索キーワードほど高得点。
それぞれの答えに「なるほど」「へぇ~」「面白い」などレスポンスでき、みんなでワイワイ感を共有できます。
得点を狙わずにウケ狙いの答えを書くのが一番楽しい。
1ラウンド15問で、約10分で終わるのでちょっとした暇にやるのに向いています。

初心忘るべからず

ツイッターに書いたものをブログ用に清書。

「初心忘るべからず」なんて言葉があります。
出典は室町時代の猿楽師『世阿弥(ぜあみ)』。
「初めに志していた思いを忘れるな」なんて使われ方をよくされていますが、
実は「初めのころの自分の(芸の)未熟さを忘れるな」というのが本来の意味。
FPSでも初心忘るべからず。

こんな風に、実際の意味と違う使われ方をしている言葉って結構あるよね。
ちなみに世阿弥著の風姿花伝は、芸術のノウハウが色々と書かれていてなかなか面白いです。

AVA

BF3のアップデートがなかなか無いのでオンラインFPS AVAなんぞ始めてみました。
クローズドベータテスト時にちょっと触った程度なので、何が何やら・・・。
攻略ブログ的なサイトが無いのでオススメ武器すら分かりませぬ。
AVAをプレイしている人で、「初心者はここ見ておいた方が良いよ」的なサイトがあったら教えて下さい。
とりあえずチャット欄の「○○が当たりました!おめでとうございます」云々が多すぎてうざいです。

あまりにも・・・

サドンアタック攻略ブログでの繋がり、BF3系での検索で来てくれる人がほとんどのHBM。

コメント欄が寂しいのでコメントを書いてくれそうな人を探しに、ブログ・mixi・ツイッターの訪問をすることにしました。

たまにこのブログを見に来てくれる人も恥ずかしがらずにコメントしていいんだぜっ。

いや正直なところ、反応が無いと記事の「書きがい」が無いのよねー。

ここだけの話

サドンアタック攻略ブログを更新停止して約1年半。
実は今でも毎日1000人前後の人たちが訪れてくれています。
サドンアタックだけでなくAVA、CSO、CFなどと言ったオンラインFPSプレイヤーがよく来てくれているようです。
記事は脱Noobシリーズが好評な模様。

個人的なお気に入りの記事としては周辺視孫子の兵法とマルチFPSNoobの法則あたりが好きでした。
孫子の兵法は、もっと食いついてくれるかなぁと当時思ったんですが・・・。

また何かを掘り下げたサイトを作ってみたいもんです。

マウスジェスチャー

日頃よく使っているマウスジェスチャーを紹介。
使用ソフトはStroleit

■全般
検索・・・← ctrl+F
最小化・・・→ Alt+space+N

■Explorer++
タブを閉じる・・・↓ ctrl+W

■FireFox
タブを閉じる・・・↓ ctrl+W
右のタブを全て消す・・・↑ ctrl+Shift+F5

■Jane Style
アクティブタブを閉じる・・・↓ ctrl+W
他のタブを閉じる・・・↑ ctrl+U

たった、これだけですが作業効率は体感150%増し!
「マウスジェスチャーって、なんか難しそうじゃん?」というマウスジェスチャー未導入の方は是非導入してみて欲しいところ。
32bit OSならマウ筋がオススメ。
いや、ほんとマジおすすめ!


 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。