HBM

Hetal1ty Blog Magazine

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなゲーミングデバイスどうですか?

■カスタマイズ性がとっても高いマウス
ボディ形状が大・中・小3タイプ、センサーを数種類から組み合わすことができるマウス。
ボディは無難にIMOのような形状がいいかもしれない。
センサーは「可能な限り素の入力に近い」「いわゆる直線補正がキツめ」「高dpi」など数種類から選択でき、
マウス内部にカードリッジ式で換装可能。
リフトオフディスタンスは付属のマウススケート3枚で好きなように調整可能。

■本体左側面にキーが付けられたキーボード
CapsLockキーと左SHIFTキーの左あたりにキーを1つ配置。
WASDに指を置いた時に、押しやすい位置にキーを1つ追加することで操作の幅が増えるというのが狙い。
付属ソフトウェアで割り当てのカスタマイズが可能で、小指にて操作する。
上面にキーがあるよりも瞬発力が高く、使用キーが多いゲームで活躍。

■ソフトウェア処理ができるヘッドセット
ヘッドセットのボリュームコントロール/ミュートボタンあたりは断線が起きやすく故障率が高め。
そこで付属ソフトウェアでボリュームコントロールやミュートが出来るように。
販売価格とのバランスがネックだが、故障率の低いヘッドセットが作れそう。
もしかしたらもう存在するのかもしれない。

■動体視力・反射神経・周辺視の強化ソフトウェア
デバイスとはちょっと違うけど・・・、
FPSやRTSにおいて重要な動体視力・反射神経・周辺視を鍛えることができるソフト。
それぞれを鍛えることができるソフトはあったりしますが、統合されているのがミソ。
グラフィックは最低限・シンプルなもので十分。
デバイスと一緒に同梱して販売するのもあり?

■キーボードの余白に貼れるステッカー
デバイスとは全然違うけど、関連でステッカーチューン。
「SteelSeries」「Razer」「DHARMAPOINT」など、ブランドのロゴや
「Counter Strike」「AVA」「Sudden Attack」など、ゲームタイトルなんかのロゴが良さそう。
オフラインイベントの参加賞なんかに向いているかもしれない。



Comments

ステッカーは良いですね!
>>LAFTERさん
ステッカーはありそうでないよね。

Leave a Comment


Body

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。