HBM

Hetal1ty Blog Magazine

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『DHARMAPOINT DRTCHD12RFBK』を製品提供して頂きました!

DHARMAPOINT(クラスト)さんから2012年1月発売のワイヤレスヘッドセットDRTCHD12RFBKを製品提供して頂きました!
音質・マイク・使用感など性能レビューはしばらく使ってからするとして、まずは製品の詳細写真と外観上のレビューから。


内容品はヘッドセット本体、取扱説明書、保証書(保証期間は1年)、USB充電ケーブル、レシーバー、
単4充電電池、風防スペア。


ハウジング右側のカバーを外すと、電池を入れるスペースがあります。


レシーバーはUSB端子に接続。
初回起動時のみ、レシーバーのリンクボタンとヘッドセット本体のリンクスイッチを同時に押して
リンク作業をする必要があります。
リンクボタンはかなり小さめなのでUSB端子の向きによってはとても押しづらい・・・。


ハウジング右側には、電源スイッチと充電インジケーターとUSBチャージポートがあります。


ハウジング左側には、ボリュームコントロールとリンクインジケーターとマイクミュートがあります。
マイクはコチラ側に付いています。



側面から。
ヘッドバンド長さ調節部の可動は約3cm。



ハウジング部は約90°まで可動します。
イヤーパッドの中の布は赤色。ハウジングはプラスチック製。
ヘッドバンド部は内部が金属ベースとなっており、ある程度曲げて調節することができます。
マイクは回転式&ブームとなっており、自在に曲げることが可能。



イヤーパッド部。パッドの厚みは約1.8cm。
500円玉を入れてクリアランス比較を表しています。


ドライバーユニットは口径40mmのネオジムマグネット。


USB充電ケーブル(約1m)を使っての充電風景。
充電方法はこれのみなので、充電にはPCを起動しておく必要があります。
ケーブルは充電onlyなので、無線接続が有線接続になるわけではありません。


USB充電時には、充電インジケーターが点滅(赤色)。
充電完了するとずっと点灯となります。


電源をONにすると、リンクインジケーターがずっと点灯します(橙色)。


13インチのノートPCで使う時はこんな感じ。


ワイヤレスヘッドセット『DHARMAPOINT DRTCHD12RFBK』 レビュー


Comments

Leave a Comment


Body

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。