HBM

Hetal1ty Blog Magazine

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FPSゲーム上達への道

今までのFPSゲーム歴を振り返っての総括。
抽象的に見れば以下のようなことが上達につながっていたと思います。


■ゲームを快適にプレイできるPCを用意する。
ここがスタートライン。

■公式サイト・説明書・マニュアル・wikiなどで基礎情報を得る。
ゲームの大まかな情報や仕様を知る。

■攻略サイト、海外情報サイトなど一般公開されている基礎情報・攻略情報を得る。
一般的に公開されている攻略情報・細かい仕様情報を知る。

■実際のゲーム内・動画・demoファイルで動きをチェックし、自分よりレベルが少し上と思われるプレイヤー&クランの動きや考え方を真似る。
そのプレイヤーやクランによるオリジナルもしくはアレンジした攻略・定石・作戦を真似て、戦術・戦略の幅を広げる。
頭で理解するだけでなく実際に行い、身体を一度通しておくと咄嗟の場合にも対応しやすい。

■色々と試す。
野良試合、練習試合のような大事ではない試合では闇雲に勝ちを求めず、苦手な動きの反復練習や事前に仮定したプランを検証する為の場にもする。

■そのゲームを徹底的かつ意識的にやり込む。
aim、操作技術、二次元的な距離把握、三次元的な空間把握、動的な視覚、視覚情報に対する処理速度・判断、そのゲーム特有のリズム、
条件ごとの効果音の記憶、デバイスとの一体感など対人戦において求められる能力の向上・維持ができる。
肉体的・感覚的なものが多く関係するので、休止期間が長いとこれらが劣化していく。

■論理的思考を常に心掛ける。
「なぜ失敗したんだろう?」「なぜ負けたんだろう?」「これの仕様はどうなっているんだろう?」といった論理的思考が上位ランクに行くほど重要になり全てに影響してくる。

論理的思考(仮説検証)の簡単な流れとしては、
1.問題を発見する。
問題とするシーン(試合の流れや部分的な箇所)だけを最小限で切り出す。
問題がわからなければ何をすればいいのかさえ分からないので特に大事。

2.問題になってしまった原因を探る。
そうなってしまった理由を詳しく探る。

3.問題を解決できると思われる仮説をいくつか考える。
考えられる範囲で柔軟に考える。

4.仮説を実際に検証する。
本当に問題解決ができるか検証をしてみる。
失敗であれば3に戻る。


Comments

Leave a Comment


Body

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。