HBM

Hetal1ty Blog Magazine

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jazzを好きにさせられた1曲

RockやPopsといった音楽ジャンルを主に聴いていた頃の話。
コンピレーションアルバムなどでJazzも軽く聴いていたが大人しいキザな音楽という印象が強くそれほど好きではなかった。
しかし、EGO-WRAPPIN'の『Midnight Dejavu~色彩のブルース~』を聴いてから一発でノサれてしまった。
昭和時代の歌謡曲・ジャズ・ブルースを足して3で割ったような曲。
ボーカル中納良恵さんの艶めかしい声が大人の女性の魅力を漂わせる。
ジャズクラブでいかにも演奏されていると感じさせる臨場感の高いレコーディングも良い。
「あぁ、Jazzもいいなぁ・・・。」と思わせられた1曲である。
ここからアコースティック(生楽器)好きが加速していったのをよく覚えています。

記事の続きにPV動画を載せておきます。



この音源はAMラジオ並に劣化した音質となっているので機会があればCDで聴いて欲しい。
EGO-WRAPPIN'のベスト盤に「色彩のブルース」が収録されていますが、スッキリとしたミキシングになっていてライブ感は薄いです。
濃密なのが好みなら「Midnight Dejavu~色彩のブルース~」の方がおすすめです。

Midnight Dejavu~色彩のブルース~
EGO-WRAPPIN’
ポリドール (2001-11-28)
売り上げランキング: 62919
おすすめ度の平均: 5.0
5 味わいのある詞とメロディ
5 To know them is to love them
4 日本的ブルースとジャズのテイストは抜群
5 長ぐつのリズム、心で酔いましょう…
4 ボーナストラックがまたイイ!


Comments

Leave a Comment


Body

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。