HBM

Hetal1ty Blog Magazine

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エートス、パトス、ロゴス

この1年ほどロジカルシンキングの書籍を多めに読んでいたところ気になった言葉。
古代ギリシアの哲学者アリストテレスの弁論術に書かれた一節。
昔、どこかで耳にしたような気がするがまったく気にも止めず流してしまったような気がする。

三種の説得手段

* logos(ロゴス、言論) - 理屈による説得
* pathos(パトス、感情)- 聞き手の感情への訴えかけによる説得
* ethos(エートス、人柄)- 話し手の人柄による説得

弁論術 (アリストテレス) - Wikipedia

今までを振り返ってみると、エートス・パトス・ロゴスのどれか1つだけを重視して他人を動かそうとする人が多かったように思う。(以前の私もパトス重視だった)
しかし1つだけではなかなか人は動かなかったりする。3つ揃うと強烈な説得力が生まれる。

世界最高の投資家とも言われ、あのビル・ゲイツを抜いて長者番付1位にもなったことがあるウォーレン・バフェット氏が、
「きみだけに教えよう。私の長年のデータによるとあの企業は過小評価された株価になっている。
そのうち株価が上がるのは間違いないから株を買ってみるといい。」と真面目に言われたら、大体の人はその企業の株をかなり無理してでも買うだろう。
まあ、わかりやすくする為に出した極端な例え話なので現実的にはありえないけども。
逆の例え話で言うと、毎日損失を出しまくっている貧乏個人デイトレーダーに、
「なんかこの株上がりそうだから買ってみたら?w」と半分冗談交じりに言われても誰も買わないだろう。

3つが揃うような人間になりたいもんですね。

エトス・パトス・ロゴス - ユーさんのつぶやき


Comments

Leave a Comment


Body

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。