HBM

Hetal1ty Blog Magazine

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和風フラグムービー

サドンアタック攻略ブログをやっていた時に思った事もちょこちょこ書いていこうかと思います。

まずはフラグームービー(Frag Movie)。
サドンアタックがサービスされて間もない頃のフラグムービーはWindowsムービーメーカーのような簡単なソフトウェアで片手間で作られたものが大半だったけど、
ここ1年ぐらいはプロ向けの高価なソフトを駆使してCSやQuakeの海外フラグムービーにも匹敵しそうなクオリティーのフラグムービーがかなり増えてきた。
映像編集の専門学校か大学でその手の学科を学んでいる人が主に作っているんだろうけど、若年層がメインターゲットのゲームとしては珍しい傾向だ。
ただ気になるのがどこかで見たようなコンセプトだったり、エフェクト、BGMだったりするのが少し残念。

そこでフラグムービー制作者に提案なのが「日本」を活かしてはどうだろうか?
毛筆で書かれた漢字フォント、真剣で斬られたかのようなエフェクト、侍や忍者をイメージした画像、和風テイストがミックスされた曲など、
日本を感じさせるパーツを組み込んでいけば面白そうなのが出来るように思う。
もしかしたら私が見ていないだけでどこかにそういうフラグムービーは存在するかもしれないが、あっても前面に押し出しているものではなさそうな気がする。
サムライ、ニンジャは海外でも人気なので外人さんにウケが良いだろうし、そういうフラグムービーの文脈を新しく築ける可能性は高いだろう。
ねえさんあたりにでも直接提案してみようかな。

余談だけど、このブログも和風デザインにしようと頑張ったことがあったのですが、
毛筆フォントが高額なのと自分のセンスの無さに諦めました。


Comments

Leave a Comment


Body

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。