HBM

Hetal1ty Blog Magazine

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cassandra Wilson

少し前にCassandra WilsonNew Moon Daughterを知ってからこればかり聴いている。
ファーストコンタクトは何の情報もなく聴いたので男性ジャズボーカリストと思ったほどのブルージーな低い声。しかし調べてみると女性だった。
グラミー賞最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞を2度受賞しているので、Jazzマニアには有名と思うけど日本での知名度は今ひとつ。

力強く泥臭いその声質が女性らしく優しく奏でる歌声はひときわ心に響き、その声と調和される曲もアコースティック中心で極上の音作り。
南国にある高級リゾート地のホテルに似合いそうな曲が多い。いや南国の高級リゾート地に行ったことないからよく知らないけど。
録音も素晴らしいのでそれなりの音楽再生環境で聴きたいところ。
アコースティック好きなら絶対に抑えておきたい名盤。
テキストだけじゃほとんど伝わらないだろうから収録されている曲を1つ動画で紹介しておきます。

「I'm So Lonesome I Could Cry」




New Moon Daughter
New Moon Daughter
posted with amazlet at 10.08.12
Cassandra Wilson
Blue Note Records (1996-03-05)
売り上げランキング: 60781
おすすめ度の平均: 5.0
5 10数年を経て再発見
5 最高の録音、最高の音楽
5 だいせつな人にすすめたい・・・
5 欠ける月を伴うのは病気,新月は病いを治す
5 今夜はどうにかこころやすらかに眠れそうな気がする


Comments

Leave a Comment


Body

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。