HBM

Hetal1ty Blog Magazine

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bandicam

サドンアタックの運営元がゲームヤロウからネクソンに代わる頃あたりに流行りだしたキャプチャソフトBandicam
遅ればせながらようやっと使ってみました。

■長所
・高圧縮でかつそれなりに高画質で動画撮影可能なのでHDDが低速でも綺麗に録れる
・ステレオミキサー無しでもPC音源とマイク音源を同時録音可能
・YouTubeやニコニコ動画などの録画設定がプリセットされている。
・設定が日本語で分かりやすい

■短所
・スクリーンショットと動画とのフォルダが分けられない
・ゲームが強制終了した場合、撮影していた動画ファイルが壊れて再生不可(ツールで修復可能)
・無料版使用時のロゴ表示が大きい
・無料版使用時は1ファイル最大10分までの制限あり


低スペックのPCでフルスクリーンゲームを動画撮影するには最適なキャプチャソフトとの印象。
シーケンシャルライトが80MB/sぐらいのHDDでも、BF3が720p/60fps(mpeg1/80q)で撮影できました。
ただ思ったほど動作が軽くはないようで、撮影中のfpsは結構下がっていたのが気になりました。
「HDDが遅いんだけどヌルヌル動画が録りたいんだおー。」という人に向いてそうです。
「高スペックPCでとにかく高画質を!」という人はDxtoryがオススメ。


Comments

Leave a Comment


Body

 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。